やり方がある|膣の縮小で引き締まった膣にしよう|自信が持てる
女の人

やり方がある

ウーマン

膣の縮小に強いクリニックでは、超音波やレーザー注射、高周波、縮小手術など幅広い方法で悩みを解消してくれます。しかし、方法によって自身に適していない可能性があるため、ライフスタイルと体調を考慮しながら選定する必要があります。なお、メスを使わず膣の縮小をするなら超音波が良いでしょう。最先端にこだわるクリニックは、新しい超音波の機器を導入していることが多く、一度縮小をすれば最大で2年ほど効果を持続させられます。また、誰もが避けたい術中の痛みや出血はほぼなく、手軽に受けたい女性から大変好評です。ただ、時間を最優先にするならレーザーが良いかもしれません。照射するだけのシンプルな方法なので所有時間は15分から30分程度ですが、扱うレーザーの種類が違うため相談をしながら決める必要があります。

ふっくらとした膣にしたい場合は注射が最適でしょう。効果は超音波と同じく最長で2年で、コスパが良い点が魅力です。また、膣の入り口らへんに注入するため縮小する方法の中では飛びぬけて手軽だといえるでしょう。もっと進化した注射だと施術をするだけで半永久的に締まった膣を手に入れることができます。ただ中には、半永久的に縮小させ続けたいと考える女性もいるでしょう。膣の縮小手術はダウンタイムが長いものの、メスを使うので他よりも膣のゆるみが再発するという心配がありません。高額になりますが、何度も受けるよりもコスパは良いかもしれません。